『日本のバレエ教育の歴史③』 東京高等バレエ学校代表世話人 里見悦郎先生

東京高等バレエ学校代表世話人 里見悦郎先生が実際に携わり、見てきたバレエ教育の歴史を里見先生ご本人が語ってくださいました。
バレエダンサーのリハビリの第一人者としても長きに渡り活動をされ、日本のバレエ界に多大な貢献をされてきた里見先生のお話は日本でバレエを指導する方々は一度は必ず聞かなければならないほど重要なお話です。

バレエTVではなかなか表に出ることのない、バレエに尽力されてきた方々にしっかりスポットを当て、その活動と想いを多くの方に知って頂けるよう引き続き取り組んでいきたいと思います。

もっと見る

あなたがオススメするポイント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、オススメを投稿できます。

もっとみる