上半身、肩甲骨、背骨、骨盤のストレッチ2

1.
四つん這いの姿勢になります。
2.
息を吐きながら、手の踵の部分で床を押し、背中を丸くします。手で軽く足踏みをするような感じでゆらゆら動きながら行うと、肩甲骨のストレッチをより感じることが出来ます。
3.
何回か同様の動作を行った後に、もう少し強めにストレッチをかけます。膝とおでこをつけるイメージで斜め後ろに身体を丸めてみましょう。
息を吐き、手で床をじっくりと押しながら、身体を少し動かして構いませんので、肩甲骨、背中を伸ばしてみましょう。
4.
戻る際は、より高い位置に戻るように、息を吸いながら元の位置へ戻っていきます。
※手首が痛くならない程度で構いません。呼吸を大切にじっくりと肩甲骨と背骨を伸ばしてみましょう。

もっと見る

あなたがオススメするポイント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、オススメを投稿できます。

もっとみる