胸椎と脚の付け根を動かす為のエクササイズ 1

1.
うつ伏せになり、手を頭の先に広げ、脚を揃え伸ばします。
2.
まずは上半身から行いましょう。息を吸いながら脇の筋肉を使い、手で床を引き寄せるにように胸を上げます。
※腰を反らせるエクササイズではないので、肋骨の下の部分が床から離れないように行いましょう。
3.
次に下半身。息を吐き、踵と踵をしっかりと付け、内腿の筋肉を使いながら、膝を曲げます。
4.
改めて手を前に伸ばしてから、もう一度引き寄せ、膝を床から離していきましょう。
※肋骨の下の部分、骨盤の出っ張っている骨が床から離れないように注意しましょう。この部分がどちらか一方でも床から離れると腰が反ってしまい、腰が痛くなってしまいます。
5.
ゆっくり息を吸いながら元に戻りましょう。

もっと見る

ご質問、メッセージはこちらへ!

ログイン、もしくは会員登録いただくと、メッセージを投稿できます。

もっとみる