『おねえさん座りと膝』まゆ先生 - 整形外科学★バレエ安全指導者資格講義より

今回のバレエ安全指導者資格ベーシックコースにて『動作分析&運動学』を担当してくださる理学療法士の八木原麻由先生。
 
皆さんにとって新しい世界の幕開けとなるベーシックコースにて股関節、膝、足とバレエで酷使する下半身の動作について座学と実践と交え指導してくださいます。
 
総合病院にて集中治療室のリハビリを担当されている現役のリハビリの先生でもあり、ご自身もコンクールでの上位入賞歴も多数あるバレエっ子でありながらも大学への進学、その後理学療法士を目指し専門学校で学び、現在の職業に至る方ですので、ダンサーのセカンドキャリアについてもアドバイスして頂ける貴重な方でもあります。
 
バレエ経験者であり国家資格もお持ちでダンサーや教師に寄り添ってくださる専門家の方の存在はとても心強いですね。

--

【まゆ先生よりメッセージ】

1)動きの専門家である理学療法士の八木原麻由と申します。日々患者様の治療に携わる中で、「怪我を予防するための知識と技術を患者様に広めること」がとても重要だと感じています。バレエに限らず、踊りには身体が必要です。その「身体」に対する知識や技術を持つことで、より正確に、そしてより安全にバレエと関わっていくことができるのではないでしょうか。この資格では、さまざまな分野の専門家による講習が受けられるため、バレエに関わる皆様のサポートに繋がるはずです。

2)ベーシックコースの初日に股関節、2日目には膝関節、3日目には足関節についてお話しさせて頂きます。「ターンアウト」という言葉はありますが、身体の動かし方は人によってバラバラです。「プリエ」や「ルルベ」も同じです。個人差のある「動き」をより安全に動かすための知識を、単なる講義ではなく共に身体を動かししっかり理解できる場とさせていただきます。

3)「身体」と「バレエ」に関わる専門家が、ここまで沢山集まれる場はなかなかないと思います。受講されることで、みなさんの新しい知識や興味、発見、そして今後のサポートに繋がると信じています。素敵な時間となることをとても楽しみにしていますね。


https://safedance.jp



今回の安全指導者資格は、生徒を受け持つ先生ご自身が自信を持って指導の現場に立ち、お一人お一人が理想とされるバレエの世界を形作るための礎となる正しい医学的根拠に基づいた知識を身につけてほしいという思いで設立した特別な資格です。

今回の資格の特徴は3つあります。

1)医師をはじめとする身体と心の専門家によるエビデンスに基づいた確かな知識の習得
2)身体を学び、ダンス界の一線で活躍されている講師による実践講習
3)誰もが安心して学ぶことの出来る専任講師による学びのサポート 特に実践講習という新しい試みは多くの方にとって新しい感覚との出逢いにもなると期待しています。

そして指導者のスキルの向上に加え、スタジオ運営や活動のサポートにも尽力していきたいと思います。

誰かがやってくれるのを待つのではなく、私たちの環境は私たちの手で変えていけることを信じて。

そして、これからダンサーを目指す子どもたち、この業界で働く人達へ、より良い未来を作り、残していくために。

ぜひ私たちから変えていきましょう。

もっと見る

ご質問、メッセージはこちらへ!

ログイン、もしくは会員登録いただくと、メッセージを投稿できます。

もっとみる