0

このコンテンツを閲覧するには

このコンテンツが含まれる
プラン

"Pray for..." 大柴拓磨

【大柴拓磨さんプロフィール】


実験的アーティスト集団 Alphact 主宰。
『バレエダンサーとして』 日本人男性として初めてフランス国立パリ・オペラ座バレエ団と契約し「イワン雷帝」に出演。 その後、フランス国立ボルドー・オペラ座バレエ団と契約、多数の本公演、フランス内外のツアーに出演。

『プロデューサーとして』
2007年に帰国後、実験的アーティスト集団【Alphact アルファクト】を立ち上げ、日本各地にて公演開催、イベント出演する他、Alphactを母体とした多様な活動を展開。
『近年の主な活動』 日本武道館で開催されたTEPCO1万人コンサート・なかにし礼 作・演出の「世界劇 黄金の刻」出演。 ロレアル・ヘアーショー「Color Trophy」出演。
元ベジャールダンサー小林十市氏との2人舞台「ファウスト・メフィスト」の作・演出・出演。
2012年の全国育樹祭にて、200人のダンサーを率い、皇太子殿下(現、天皇陛下)の御前で主役を踊る。
一部振付も担当。
人間国宝で、三味線奏者の常磐津文字兵衛氏とコラボレーション作品『過去からの影』振付・出演 大柴拓磨による一人舞台「Present」作・演出・振付・出演。
日本舞踊家・花柳輔蔵と三番叟をモチーフにした"SANBASO”を踊り、振付も担当する。
日本を代表するジャズダンスチーム"Memorable Moment”公演「ロミオが描いたジュリエット」主演。ロミオ役を踊る。

2019年 静岡県オリンピック文化プログラム プレ公演にて、詩人・大岡信の詩より「夜の旅」「水の生理」振付。
演出は静岡県立劇団SPACの大岡淳氏。
瀬戸内国際芸術祭 招聘演劇 劇団「サファリP」による「悪童日記」出演。 ミュージカル「アナスタシア」出演。
白鳥の湖のシーンにてジークフリード役を踊る。

もっと見る

ご質問、メッセージはこちらへ!

ログイン、もしくは会員登録いただくと、メッセージを投稿できます。

もっとみる